概要


Open Web Boardは、Firefox OSを搭載したHDMIドングル型開発ボードです。USBホスト機能を搭載し、マウスやキーボード、カメラ、オーディオ、USBシリアル機器などをFirefox OSから利用することができます。また、ネットワーク機能として無線LAN、BT(Bluetooth)、BLE(Bluetooth Low Energy)を搭載し、センサー機器と通信することも可能です。簡単なWeb技術で様々な周辺機器を活用したアプリケーション開発にご利用いただけます。

また本デバイスに関するソースコードなどのソフトウェア、技術情報を公開し、Firefox OS上でアプリケーションを作成するのみでなく、様々な活用方法を広げていくことを指向するデバイスです。

※Open Web Boardは、ハッカソンなどのイベントを通して配布しております。一般販売、配布は行っておりませんのでご注意ください。



HW/SW仕様


■スペック表

ITEM DESCRIPTION
サイズ W97mm × D33mm × H16mm
CPU RK3066 (Cortex-A9 Dual)
RAM 1GB
ROM 8GB (システム領域4GB、ストレージ領域4GB)
OS Firefox OS v1.4
WiFi 802.11 b/g/n (2.4GHz only)
Bluetooth 2.1 (HFP/A2DP/AVRCP)、4.0(GATT)
インタフェース HDMI 1.4, USB2.0 ホスト (Type A)、USB ゲスト (micro USB type B、電源供給/デバッグ用)


■外部機器接続例

※なお、上図に占めす全ての機器の接続を保証するものではありません。

■写真



アプリ開発環境構築


Open Web Boardは、通常のFirefox OSデバイスとして、FirefoxブラウザのWebIDE等を利用して開発することができます。

■準備物

下記の機材が開発において必要です。
ITEM DESCRIPTION
1. Open Web Board 本体です
2. PC 開発用PCです。OSは、Windows、Ubuntu、Mac OS Xに対応します
3. HDMIケーブル Open Web Boardに付属しています。別途ケーブルも使用できます
4. USB - Micro USB ケーブル 電源供給、及びデバッグに使用します
5. USBマウス Open Web Boardを操作するために使用します
6. Full HD ディスプレイ Full HD(1920 x 1080)に対応したディスプレイです。HDMI入力が必要です

上記の機器を下記の図のように接続します。
※マウス以外にキーボード等のUSBデバイスを接続する場合は、USBハブを使用して接続します。その場合、Open Web Board出力のバスパワーは最大500mAとなりますので、必要に応じてUSBハブに電源共有を行ってください。また、バスパワーで駆動する場合、PCからOpen Web Boardへの電力が不足する場合があります。USBハブを使用するか、USB3.0以上の500mA以上の電力を供給できるPCをご使用ください。

■Open Web BoardをPCに接続する

Open Web Boardは、PCからadb(Android Debug Bridge)デバイスとして認識されます。正しく認識させるために、各OSごとに下記の設定を行います。
Windows 7 ご利用の場合
1) Open Web BoardをWindowsから認識させるためには、USBドライバをインストールします。 ADBマニュアルページからadb USBドライバをインストールしてください。

2) 一部のadbに対しては、Open Web BoardのベンダーIDを対象デバイスとして指定する必要があります。下記のファイルをメモ帳などのテキストエディタで開いてください。もし、.androidのフォルダやadb_usb.iniのファイルが存在しない場合は、手動で空のファイルを作成してください。
ファイルパス:
C:\Users\ユーザ名\.android\adb_usb.ini
例:TESTUSERの場合
C:\Users\TESTUSER\.android\adb_usb.ini
上記のファイルを開いたら、 0x2207をファイルの最後に追記します。もし、他のデバイスも記述しているなど複数のベンダーIDを記述する場合には、一行一つのベンダーIDで記述します。
(…省略…)
# 1 USB VENDOR ID PER LINE.
0x2207

Ubuntu ご利用の場合
1) Ubuntuの場合は、標準のドライバでOpen Web Boardを認識することができます(※12.04LTS以降で確認)。 一部のadbに対しては、Open Web BoardのベンダーIDを対象デバイスとして指定する必要があります。下記のファイルをviなどのテキストエディタで開いてください。もし、.androidのフォルダやadb_usb.iniのファイルが存在しない場合は、手動で空のファイルを作成してください。
~/.android/adb_usb.ini
上記のファイルを開いたら、 0x2207をファイルの最後に追記します。もし、他のデバイスも記述しているなど複数のベンダーIDを記述する場合には、一行一つのベンダーIDで記述します。
(…省略…)
# 1 USB VENDOR ID PER LINE.
0x2207

Mac OS X ご利用の場合
1) Mac OS Xの場合は、標準のドライバでOpen Web Boardを認識することができます(※10.6以降)。 一部のadbに対しては、Open Web BoardのベンダーIDを対象デバイスとして指定する必要があります。下記のファイルをviなどのテキストエディタで開いてください。もし、.androidのフォルダやadb_usb.iniのファイルが存在しない場合は、手動で空のファイルを作成してください。
/Users/ユーザ名/.android/adb_usb.ini
例:TESTUSERの場合
/Users/TESTUSER/.android/adb_usb.ini
上記のファイルを開いたら、 0x2207をファイルの最後に追記します。もし、他のデバイスも記述しているなど複数のベンダーIDを記述する場合には、一行一つのベンダーIDで記述します。
(…省略…)
# 1 USB VENDOR ID PER LINE.
0x2207



■WebIDEからOpen Web Boardを利用する

Firefox OSアプリケーションの開発には、Firefoxブラウザ搭載のWebIDEが便利です。Firefox 34以降のバージョンで標準搭載されています。

1) Open Web Board上でFirefox OSのリモートデバッグを有効にする
初期状態では、Firefox OSのリモートデバッグ状態は無効になっています。これを有効化します。まず、Firefox OSのホームスクリーンから「環境設定」アプリを起動します。これにはUSBマウス操作で、HDMIモニタを使用しながら行います。アプリ起動後、「開発者」メニュー⇒「Remote Debugging」を選び、「無効」⇒「ADBと開発者ツール」に変更します。

2) PC上でWebIDEを起動する
PCでFirefoxブラウザを起動し、「右上のメニューボタン」⇒「開発者ツール」⇒「WebIDE」を選択して起動します。

3) PC上でADB Helper アドオンをインストールする
WebIDEの右上、「ランタイムを選択」から「シミュレータをインストール」を選択します。追加のコンポーネント管理画面が開きますので、「ADB Helper アドオン」をインストールします。

4) PC上でターゲットデバイスとしてOpen Web Boardを選択する
ADB Helperアドオンがインストールされると、右上の「ラインタイムを選択」メニューの中に、「rk3066」というデバイスが現れまので、これを選択します。

5) Open Web Board上でリモートデバッグを許可する
rk3066をターゲットデバイスとして選択すると、Open Web Boardの画面に、「リモートデバッグの接続許可を求められています。接続を許可しますか」と確認メッセージが表示されるので、OKを選択し接続を許可します。

以上で、WebIDEを使用してOpen Web Board上でのアプリ開発の準備が整いました。Webアプリの開発方法は、こちらをご参照ください。




拡張機能


Open Web Boardには現在のFirefox OS(※2015/1/16現在)には備えていないいくつかの拡張機能があります。

■USBシリアル

USBシリアル機能は、USBポートを通してUSBシリアルデバイスを接続して利用する機能です。専用のライブラリを使用して、Webアプリからシリアル通信を行うことができます。

USBシリアル マニュアル

■BLE(Bluetooth Low Energy)

省電力のBLEを使用することで、センサ機器やウェアラブル機器などと通信することができます。Open Web BoardはオンボードでBLEを備えており、Webアプリから利用することができます。

BLE マニュアル



ダウンロード


■イメージファイル

最新のOpen Web Board用イメージファイルです。Open Web Boardに書き込むことで最新状況にアップデートできます イメージファイル ダウンロードページ

■イメージファイル書き込みツール

Open Web Boardにイメージファイルを書き込むツールです。 イメージ書き込みツール ダウンロードページ

■USBドライバ

Open Web BoardとPCを接続するためのUSBドライバです。 RockUSBドライバ ダウンロードページ
Open Web BoardをPCからadbデバイスとして使用するためのドライバです。Open Web Board向けのインストール方法です。 ADB USBドライバ インストールマニュアル

■ソースコード

開発者向けにソースコードを公開いたします。このソースコードを用いてオリジナルのイメージファイルを作成することができます。 ソースコード ダウンロードページ


※Windows®は米国Microsoft Corporationの米国および他の国における登録商標または商標です。