概要


本ライブラリは、FirefoxOS上でWebサーバを構築するためのライブラリです。対応する機種は Fx0、及びFirefoxOS 2.0です。



使い方


1)静的な Webページを公開する。
SDカードなどファイルを置けるストレージに、通常のWEBページと同じファイルを置き、そのパスを指定することで簡単に実現できます。

例:

// サーバオブジェクトを生成します。
server = new HttpServer();

// "/sdcard/public"をWEBページのルートディレクトリとします。
server.get("/", "/sdcard/public");

// ポート3000番でサーバを起動させます。
server.start(3000);



2) 動的なWebアプリケーションを作る指定のパスに対して、動的な処理を記述することができます。

例:
// サーバオブジェクトを生成します。
server = new HttpServer();

// "/xhr"にアクセスされた場合の動的な処理を記述します
server.get("/xhr", function xhrres(req, res, oncomplete){

	// アクセスされた場合に動的に値を生成します。
	var ret = Math.random() < .3 ? 'あたり' : 'はずれ';  
	
	// 値を返信コンテンツとして書き込みます
	res.write(ret);
	
	// 書き込み完了です
	oncomplete();
});

// ポート3000番でサーバを起動させます。
server.start(3000);



詳細な使用方法は、ダウンロードファイルの中のAPIマニュアル、及びサンプルプログラムをご参照ください。



ダウンロード


本ソフトウェアには、以下に記載された各ライセンスが適用されるソフトウェアが含まれます。本ソフトウェアをご使用になる前に必ずこれらのライセンス条件をお読み下さい。なお、お客様が本画面最下部の「同意してダウンロード」ボタンを選択された時点で、当該ライセンス条件にご同意いただいたものと致します。万一ご同意いただけない場合には、試用・開発目的を含むいかなる目的であっても、本ソフトウェアを使用することはできません。

利用許諾契約
同意してダウンロード